本文へスキップ

トピックス

2016年6月17日
日建連主催:地下埋設物事故防止講習会への参加しました 

この度、一般社団法人日本建設業連合会(安全部)様による主催の地下埋設事故防止講習会にて講和させて頂きました。 建設業界では、近年の都市再開発工事や2020年東京オリンピックに向けて、生活に密着している各占用会社のライフライン、特に「地下埋設物の事故防止」が 大きな課題となっており、例年は道路管理者様や各占用企業様が講和する中で、当社MPLユーザ企業様(日建連会員)からの紹介で講和する事になりました。 各占用企業様では、自社の埋設設備の仕組み・破損した場合の危険性、地域への影響度など、建設工事における事故防止のお願いや留意事項の講和でした。 当社はメーカ視点による、現場状況に合わせた製品の使い方説明や、事故事例から見た対策と未然防止の活用方法、その他、これからの埋設物システムとして 『3M:RFIDマーカーシステム(情報の埋込み、GIS連動、埋設物管理)』についても提案させて頂きました。 日建連会員のゼネコン各社様をはじめ、道路会社様、設備工事会社など250名ほどの工事担当者様が参加されました。

【題目】
電磁誘導法 埋設物探査器(MPL-H11S)
『現場における使い方と事故防止への活用方法及びその他測定器の紹介』
・弊社歴史の歩みから主要製品の説明
・国内外でのMPLシリーズの実績
・その他の地中探査に関わる取扱い製品
・電磁誘導法の原理と有効性
・現場に合わせた送信方法と使い方
・事故事例から見た対策と未然防止としての活用用途
・これからの埋設物管理システムのご提案(3M社:FFIDマーカーシステム)

開催日 : 2016年6月14日(火) 13:00〜17:00
場  所  : 東京証券会館8階ホール 東京都中央区茅場町1-5-8
参加者 : 約250名



バナースペース